教職者

牧師 内田 和彦
uchida
1947年埼玉県生まれ、浦和高校時代にクリスチャンに。
牧師になる志を抱いたのは、東京大学文学部在学中、学園紛争さなかのこと。聖書神学舎という神学校で学び牧師となりました。 その後米国と英国に留学、新約聖書の研究で文学博士号を取得。帰国して、東京近郊の教会の牧師として10年、神学校の教師として17年働き、 還暦を過ぎてから、前橋キリスト教会の牧師となりました。家族は妻みずえと長女一家(子どもが二人)、長男一家(子どもが二人)、そして次女。趣味は部屋の模様替えに歴史小説、卓球とヘブル語での讃美も好きですが、腕のほど、声のほどは不明です。
「イエスの生涯」「『キリスト教は初めて』という人のための本」「キリスト教は信じられるか」といった本(いのちのことば社)で、 キリスト教の紹介をしています。

副牧師  片柳 百合子
pastor-katayanagi
栃木県足利市生まれです。小学1年生から日本基督教団足利東教会の教会学校に通っていましたが、中学生になると行くのを止めてしまいました。 19歳の時に世田谷区にあるJECA宣教教会にて洗礼を受けました。その後献身し、共立女子聖書学院に入学。 入学試験の面接で、「卒業したら何をしたいですか?」と尋ねられ「日本の教会で働きたいです」と答えました。 卒業後は願ったとおりにJECA前橋キリスト教会で10年、母教会のJECA宣教教会で19年間、伝道師として働きました。 その後、北海道聖書学院にて舎監・教師として7年間働きました。
今年から、JECA前橋キリスト教会に再び導かれて働きが始まっています。 懐かしい地においてキリストの身体なる教会を建て上げる喜びを、日々味わっています。 著書に児童メッセージ集「誰に従っていくの?」(日本日曜学校助成協会発行)があります。

伝道師  芳田 秀貴
Pastor-Yoshida
1978年に大阪府高石市に生まれ、赤ちゃんの頃から福音交友会高石聖書教会に通っていました。12歳の時に明確な信仰が与えられ、15歳で洗礼を受けました。大阪府立鳳高校を卒業後、大阪市立大学に進学し、古代中国史を学びました。在学中の21歳の時に将来牧師として働く志が与えられましたが、聖書を学ぶための神学校への道はすぐには開かれず、大学卒業後は大阪和泉市の小さなガラス会社で働きました。やがて、すべての障害が取り除かれて聖書宣教会という神学校で牧師になるための訓練を受け、さらにカナダの神学校で聖書を学ぶ機会を与えられました。帰国後、前橋キリスト教会の伝道師として働き始めました。
趣味は音楽全般で、聴くのはもちろん、楽器を演奏したり、歌うのも大好きです。

名誉牧師  舟喜 拓生
群馬フラワーパーク
80数年前に私たちの教会を設立した初代牧師、舟喜麟一・ふみ師夫妻の家庭に生まれ、 二代目の牧師として50年余り働き、2007年度で引退、現在は名誉牧師となりました。

事務主事  岩﨑 弥平次

前橋市出身。大学卒業後は二十八年ほど化学系のエンジニアをしていましたが、難病を患い退職。二年の療養の後、2012年から教会の事務主事をしています。趣味は車の運転や写真撮影です。二人の子供は結婚し孫もいます。今は妻と二人暮らしです。

教会スタッフ
stuff
下左から
内田牧師、みずえ牧師夫人
上左から
岩﨑事務主事、芳田伝道師、片柳副牧師